今昔の留学事情と英語

   

IMG_4716

久しぶりの更新です、最近留学相談や海外手配、英語教育のセミナーや子ども大学SAITAMAなんかで中々更新できませんでした。

今回は先日も講演した留学事情の現状と英語についてお話しします。

留学人口のピークは2004年それから10年以上が経ち、世間では留学生が減っているといわれています。しかしながら留学適齢期人口は逆に増えているのですよ。

文科省では2020年までに高校生の海外留学を6万人大学生を12万人にしようって計画があります。現状は3万人と6万人です、要は今の倍ですね^^。そのために奨学金だったりさまざまな国からの支援を行っています。

文科省は英語教育改革も行っていて、2020年には小学5年から成績表に反映される授業になります。埼玉県は小学1年生から英語の授業を取り入れますね。そして既に中学の英語の授業は英語で行っています(但し英語で授業できる先生のSKILLがね。。。)

これから日本はさらに進化しますよ、ここ15年のIT進化は凄いですよね、乗り遅れた団塊の世代の方々も多いんではないでしょうか?!英語時代を乗り遅れさせないでくださいね~^^

英語と留学のエキスパート、プロ留学カウンセラーですから、相談ありましたらメールくださいね。

 

 - さいたま留学センター, セミナー・お得な情報